トレイルランニングのブログ

ブログはhttp://run.wp.xdomain.jp/に引越ししました。

忍者ブログ
ブログはhttp://run.wp.xdomain.jp/に引越ししました。
[155]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24TVで出走が決まった時に体重が88kgあったからなのか今回の走行距離は88km。

脂肪の付いた体で走るのはおもりを付けて走るのと同じ。その上88kmはきついだろう。(脂肪あるぶんスタミナあるのか!?)

私は舗装路を走ると足に激痛が走るので、トレイルラン以外で43km以上走りたくない(^_^;)

 さて同日、ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(27)(三迫ジム)が東京・有明コロシアムで73キロ契約のノンタイトル6回戦に臨み、東洋太平洋ミドル級王者の柴田明雄(31)(ワタナベジム)に2ラウンド2分24秒TKO勝ちした。

 試合以前に村田陣営スタッフが凄い!

セコンドには元キューバ代表のコーチ、イスマエル・サラス氏で世界王者を数名排出し、平成のKOキング坂本博之のトレーナーも努めた。

元6階級制覇マニー・パッキャオのセコンドにも入るミゲール・ディアス氏がカットマン(ようするに目の周辺を切り、出血した時に止血させる)

元WBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃の担当し、自身も東洋太平洋王座を獲得して世界にも3度挑戦した葛西裕一トレーナー。

リングサイドからは村田が契約を交わしたトップランク社のボブ・アラム氏が試合を見守った。

ボブ・アラムは世界の2大プロモーター(試合を組む人)であり、もう一方はドン・キング。
ウェルター級以上は世界戦を組むこと自体が難しいのだが、ボブ・アラムの力でなんとかなるか。

それにしてもプロデビュー戦で世界戦クラスの陣営を揃え、なおかつ現役東洋太平洋王者を粉砕するとは・・。

今後に期待!

拍手[0回]

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
最新記事

このブログは下記のサイトへ引っ越しました。
トレイルラン・フルマラソン・ロードバイク等の趣味ブログ
フリーターから正社員になって趣味を楽しみつつ結婚を目指したブログ
Copyright (C) 2017 トレイルランニングのブログ All Rights Reserved.

忍者ブログ[PR]
PR